業務用ウォーターサーバーの大きさが人の命の数となります

災害時に一番必要なものそれは何でしょうか?答えは水です。一定量以上の生活用水が災害時においては1番大事なものとなります。以前の震災時はまだウォーターサーバーが普及しておらず、震災に関係ない都道府県のミネラルウォーターまで完売となり震災地に全て送られましたがそれでも震災地の水不足は非常に深刻なものでした。

水道水の安全性が悪くはないと言われる日本ですが、震災時には水道も止まり、また水が出ても多くの異物が混じって使用できなくなりました。その経験から、日本人の震災時におけるミネラルウォーターの存在は一躍注目の的となりました。その中で水を多く確保でき安全に保てる設備だと話題に上がったのがウォーターサーバーです。

本来ウォーターサーバーは業務用のものでしたが震災後ウォーターサーバーはミネラルウォーターと並んで災害対策用としての導入が進みました。ウォーターサーバーは電源がなくとも蛇口はノック式のものがほとんどなので常温水の確保は可能です。このようなウォーターサーバーのミネラルウォーターは普通のミネラルウォーターと同じく、震災時には周りの人間と共有することができ、その1杯のお水が1人の人、いえ、それ以上の人の命を救うことに繋がります。